30代・働く主婦の妊活日記

ひとりめ妊活からのふりかえり。

信頼していた先生の元からの転院、悲しすぎるお話|ふたりめ妊活3

スポンサードリンク

ふたりめ妊活3

かからない電話

移植予定だった2019年10月、直前になって腰を痛めてしまいキャンセルとなりました。

過去記事

夫には仕事を休んでもらったり、義母にも遠方から来てもらったり、シッターさんにも早朝の送迎をお願いしたり、申し訳ない思いと移植できなかった悲しさでいっぱいでした。

リハビリも週3頑張って通い、11月に入るとだいぶ良くなってきました。

お詫びとともに次回の予約について相談しようとクリニックに電話をかけたのですが、呼び出し音はなるものの誰も出ません。

夕方だから?と考え、午前中やお昼休み、時間を変えて数日間電話しても誰も出ません。なぜ???と改めてHPを見ると、、、

当院院長○○○○は2019年10月XX日に永眠いたしました。

治療中の皆様にはご心配をおかけし、治療に遅延をきたすこと、大変申し訳ございません。

現在、転院の準備を整えておりますので、当方よりのご連絡をお待ちいただけますようお願い申し上げます。

yokocha
え、先生亡くなっちゃったの?お若いのになぜ?悲しい!!!
 

とても信頼していて、ひとりめ妊活も先生の治療だからうまくいったのではと思っていたので本当にショックでした。

転院施設の決め方

不妊治療経験者に聴きました

偶然にも娘を出産したとき、同じ病院で同じ日に帝王切開をしたママ4人が不妊治療を経て授かっていました。

しかも、ひとりめ、ふたりめ、さんにんめという経験者でした。

久々に連絡すると、みなさん亡くなった先生のことはご存じだったようで、悲しいお知らせとなってしまいましたが、先生がクリニック開院前に働いていたAクリニックとAクリニックで一緒に働いていた先生が開院したBクリニックを教えてくれました。

ママ友の1人はAクリニックで他の1人はAクリニックから転院後にBクリニックで授かっていました。 

自分でも調べてみて、自宅からの近さとBクリニックで授かったママ友が10年以上の妊活の末に授かったという話を聞いて、それならもしふたりめ妊活に難渋しても期待できるかなと考え、Bクリニックへの転院を決めました。

転院手続き

クリニックから文書でもお知らせが届き、転院先を決めて自分で連絡をしたら、電話くださいと書いてありました。

文書に記載の5施設には、すでに事情を話して転院OKの話も貰っていますとのことでした。

転院先への連絡

まずは、Bクリニックに電話で連絡しました。受付の方もすでに事情が伝わっている様子で、担当の方から折り返しますと言われました。

折り返しの電話は、その日の21時にかかってきました。おそらく多くの患者さんが連絡していて、順番に現在の治療とこれからのスケジュールについてを聞き取っているようでした。

yokocha
私で終わりじゃないんだろうから、、大変だなぁ(泣)
  

電話口の看護師さんもお疲れだったのか、初診と凍結卵移送の説明会の予約の日を告げられると、「それではまた~」という感じで電話を足早に切られてしまいました。 

言われた日時が調整できるときでよかったです。

通っていたクリニックへの連絡

転院先への連絡翌日に通っていたクリニックにも連絡をしました。

今度は電話もつながり、まずは、お悔やみを申し上げるとともに転院先決定のお話をしました。診察券番号を伝えると、凍結卵の移送の日が決まったらまた連絡してほしいと言われました。

先生はなぜ亡くなってしまったのか、聴きたかったけど聴けないまま電話を終えてしまいました。

まとめ

ふたりめ妊活もお世話になりたい!と思っていた先生が突然亡くなられてしまいました。

不妊治療経のあるママ友から近隣施設の情報を聴き、転院先を決めました。

転院の連絡も一通り終わり、ひと段落というときに、10月に亡くなってしまったのであれば、今回は腰を痛めなくても移植はできなかったんだなと不思議な思いがしばらく心に残りました。

先生のわかりやすい説明、痛くない検査や手術でふたりめ妊活もしたかったです。そう思えるほどに信頼していました。

安らかな眠りにつかれますよう、お祈り申し上げます。

※このブログの内容は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

はてなブックマークのコメントへの返信

コメントありがとうございます♡

Ribbon(id:chocotocoffee25)さん

とてもショックです。。。初めての経験でした。

もう1年近くたちますが、いまだに先生の下で、もしくはクリニックが再建されるならそこで治療したいと思ってしまっています。