30代・働く主婦の妊活日記

ひとりめ妊活からのふりかえり。

初めての採卵(通常刺激法)、受精・培養結果|ひとりめ妊活10

スポンサードリンク

初めての採卵は本当に痛みなく「痛みに強いねぇ」なんて言われながら終わりました。

その後、2時間程の休憩後に診察を受けたのですが、2時間も長椅子に座り、体によさそうなハーブティを頂きながら何もしない時間は久々でした。

ひとりめ妊活10

採卵周期の血液・ホルモン検査

血液・ホルモン検査の基準値

女性ホルモン検査の基準値についてはこちらがわかりやすくまとめられていました。

画像引用元:日産婦誌62巻6号研修コーナー

採卵周期の検査結果

D2

  • FSH:8.5mIU/ml
  • LH:1.1mIU/ml
  • E2:48.8pg/ml
D8
  • LH:1.8mIU/ml
  • E2:989pg/ml
  • P4:0.32ng/ml
D12
  • LH:1.8mIU/ml
  • E2:2,880pg/ml
  • P4:0.55ng/ml
D2のLHが少し低いかな?と思いましたが、先生からは特に何も言われませんでした。その後はぎりぎり基準値内だったので、気にしなくていいのかなと思っていました。
E2(エストラジオール)は、注射をしているから高値なのですが、基準値の10倍超えだけども大丈夫…?と卵胞がたくさん育っているからかお腹もパンパンだったので心配でしたが、こちらも先生からはそういう治療なのでという感じでさらっと説明されました。

採卵後、受精卵の培養

良好胚とは?

途中経過を電話しても教えてくれるとのことでしたが、怖くてできませんでした。。

採卵日から1週間後に予約を取り、先生から直接結果を聞きました。

クリニックで頂いた説明資料:受精から胚発生までの過程

資料と先生からの説明によると、数字は受精卵の大きさ・成長スピードで、アルファベットは胎児になる細胞と胎盤になる細胞の細胞分裂数?ということでした。

良好胚では3AAと書いてありますが、4やBでも良好ですよと事前に言われました。

採卵&採精・受精・培養の結果

採卵・採精

  • 今回採れた卵子は5個でした。
  • 精子数:5000万/ml、運動率:52%、精液量:4.0mlでした。
受精
  • 5個の成熟卵子に顕微授精を行い、5個正常受精しました。
培養
  • 5個中3個の受精卵が胚盤胞(4AA、4AA、3AA)となり、凍結保存できました。

採精の基準値については以前にまとめた記事で確認していただくとわかりますが、基準値内でした^^

過去記事

受精卵も胚盤胞まで3つも成長でき、先生が言うには良好胚とのことで、本当にホッとしました。

年齢が30歳を過ぎていて、卵子の老化についてネットなどの情報からすごく不安になってしまって、仕事も夜遅くまでしていることもあり、不安でいっぱいで、確認の電話をする勇気も出なかった中だったので、本当に良かったです。

まとめ

初めての採卵周期の結果で、女性ホルモン値と卵子&精子の状態は基準値内と受精・培養の結果、3つの受精卵が胚盤胞まで成長してくれました。

毎日の注射で精神的なストレスとお腹はパンパンで個人的には過酷な治療法でしたが、私にはこれしかないので、この周期は可能な限り、体によさそうなことやリラックスできることを意識しました。

先生の優しくわかりやすい説明やスタッフのみなさんの丁寧な注射指導と明るい雰囲気に支えられて、良い結果となったのかなと思います。

夫も「注射してるーー」と嫌な顔しながらも、治療を辞めたりという提案はなく採卵日も朝早くからの採精と仕事前にクリニックまで送ってくれました。

私も頑張りましたが、周りももっと頑張ってくれているので、1周期休んだ後の移植周期までしっかり体調を整えたいと思います。

※このブログの内容は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。