30代・働く主婦の妊活日記

ひとりめ妊活からのふりかえり。

男性不妊の検査、嫌がる夫の同意を得るには医師からの説明に頼ろう|ひとりめ妊活7

スポンサードリンク

夫婦での家族会議にて、体外受精へとステップアップすることを決めた私たち。説明会には出ないと最初から言っていた夫ですが、もうひと悶着ありました…

ひとりめ妊活7

夫に男性不妊検査を受けてもらう大変さ…

検査を受けるまでの経緯

生殖医療の専門医も持っている泌尿器科、いわゆる男性不妊専門クリニックですでに検査を受け、結果良好だった夫。

私の通うクリニックでは、妻が診察券を作るとセットで次の番号(妻が0001なら夫は0002という感じ)の診察券を作るようになっていました。今までは特に使用も来院もしていなかったのですが、体外受精をするにあたり、夫も精密検査を受けてほしいとのことで、それを伝えましたが…

もう検査は受けてるし、その検査結果を持っていってよ。
 

 とのことでした。困った私、先生に伝えると

私から必要性を説明しますので一度一緒にいらしてください。
 
先生
yokocha
わかりました。(もう、先生に任せよう…)
 

もともと理論はの夫、リケジョの私にもすんなり入ってくる先生のわかりやすい説明なら理解してくれるかな?と思い、一緒に診察に行きました。

検査に関する説明と同意

先生から体外受精に進むにあたって、私の卵子と夫の精子の質と量が妊娠率に関わることと夫の受けた検査は簡易的なものなので、さらに詳細を知るために精密検査?を受けてほしいと説明してくださりました。

簡易的なもので良好であれば、精密検査でもおそらく良好という結果になると思うけれど、もしうまくいかなかったときに後からこうしていればなどと悔やむよりも事前に情報を集めて、できる対応はしておいた方がよいということも合わせておっしゃっていました。

夫もそれなら受けますとその場で同意してくれて、検査を受けてくれました。

検査結果

結果は良好でした。自分の検査よりも結果にドキドキしました^^;

ついでに感染症の検査もやっちゃいましょうと気を利かせてくれて、来院回数が増えないようにしてくれました。結果は私が後日にもらいましたが問題なしでした。

先生もスタッフさんも「男性は来るの嫌よね?」という感じで配慮してくださっている様子がすごく伝わってきました。確かに女性ばかりのクリニックに何度も来るのは嫌なのかな?とも思いますが、夫婦で待合室にいる方もいて少し寂しく思いました。

男性不妊について

男性不妊の原因

男性不妊の原因は大きく分けると2つになります。

  • 性機能障害
  • 精液性状低下、無精子症

参照元:一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q4.不妊症の原因にはどういうものがありますか?

男性不妊の検査

  1. 精液検査:精液量、精子濃度、運動率、運動の質、精子の形態、感染の有無などを診ます。2-7日の禁欲期間の後に、全量を採取します。病院での採取が望ましいようですが、自宅で採取して2時間以内に検査すればOKのようです。また、男性の精液性状は日ごとに変動するため、1度悪い結果が出た場合でも、再検査で問題ないとなることもあるようです。
    正常値(WHOラボマニュアル-ヒト精液検査と手技-5版)
    • 精液量:1.5ml以上
    • 精子濃度:1500万/ml以上
    • 総精子数:3900万/射精以上
    • 前進運動率:32%以上
    • 総運動率:40%以上
    • 正常精子形態率(厳密な検査法で):4%以上
    • 白血球数:100万/ml未満
  2. 泌尿器科的検査:精液検査で異常が認められた場合に診ます。
  • 診察
  • 内分泌検査
  • 染色体・遺伝子検査
  • 特殊な検査

参照元:一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q7.不妊症の検査はどこで、どんなことをするのですか?

以前も少しまとめていましたね^^;

過去記事

 まとめ

体外受精に進む前に夫婦ともに健康かどうかを検査する必要がありました。

私も自分で通うクリニックを決めましたが、夫も自分で決めたクリニックで検査済にも関わらず、再検査を受けることになりました。

…それは拒否しますよね。もう「良好」と結果が出ているわけですし^^;

ただ、先生から夫にも直接わかりやすく説明してもらえたことにより同意が得られ、検査結果も「良好」と無事に次のステップへ進むことができました。

次回は、体外受精に向けた説明会への参加です。適切に治療に進めるように知識を習得してきたいと思います。