30代・働く主婦の妊活日記

ひとりめ妊活からのふりかえり。

基礎体温は不要?ホルモンについて理解を深めてから治療に進むべし!|ひとりめ妊活5

スポンサードリンク

赤ちゃんを授かる専門施設に紹介された私、夫の検査したクリニックの先生のおすすめで自宅近くの生殖医療専門クリニックに初診予約をしました。

ひとりめ妊活5

こども授かれるのかなぁという大きな不安と、今は4月、授かったら12月出産かぁ、0歳で保育園に預けられないと入るの厳しいけど生後4ヶ月弱だと厳しいなと仕事についても心配しながらの妊活でした。

生殖医療専門クリニックでの初診

生理が来たら5日以内に電話予約を取るように言われ、その時を待ちました。生理初日に電話し、予約の空きと仕事の都合で生理5日目に予約できました。

基礎体温はつけなくてよいの?

前回のクリニックでは手書きで基礎体温をつけるように言われていたのですが、並行してアプリでの記録も続けていました。

yokocha
排卵してないと言われて治療していました。基礎体温はアプリでも紙でも記録しています!(どちらがよろしいでしょうか?)
 
排卵していないと言われていたのですか。クロミッド錠50mg1日3回飲んでいたんですね。服用前に何か検査はしましたか?
 
先生
yokocha
血液検査と通水検査をしました…が、基礎体温を見て「排卵していないかも」と言われ、服用していました。最初は1日1回でした。
 
そうですか…
 
先生

そうですか…と言われました^^;

女性不妊の原因には、基礎体温測定でも疑える排卵障害、子宮内膜症、卵管性不妊とあるので、基礎体温だけでなく他の原因も疑って欲しかったということなのかな?と思いました。

不妊の原因は前回の記事に書いています。

過去記事

基礎体温表は、アプリで記録していたら「手書きして」と言われ、手書きとアプリと両方記録していたら、「そうですか…」とそっけないお返事、 排卵障害が原因で妊活をされている方には有用と思いますが、私には疎遠な存在だったのかもしれません笑

ホルモンについて

先生からわかりやすく説明していただき、血液検査をしました。

先生からの説明

脳下垂体

  • 卵巣刺激ホルモン(FSH):卵巣に働き、卵胞を成熟させます。これが少ないと卵巣がうまく働けず、生理不順にもなります。
  • 黄体化ホルモン(LH):排卵直前に通常の数倍量が分泌され、成熟卵胞から順に排卵させます。1つの卵を排卵させると残りの卵胞を黄体にかえていきます。

卵巣

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン):成熟した卵胞から分泌され、子宮内膜を厚くします。おりものもこれによって増えます。
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン):体温上昇をさせます。エストロゲンが厚くさせた子宮内膜を着床しやすくふかふかにします。

なんとなく分泌される順番も理解できました。通常、FSH、LH、エストロゲンは生理3~5日目、プロゲステロンは排卵後7日目前後に血液・ホルモン検査をするそうです。

今日は生理5日目なので排卵障害があるか?を調べるプロラクチン値とFSH、LH、エストロゲン値を測定しました。

血液検査後、絆創膏の上から抑えつつ診察室て待合室に向かったら、パソコンの入った重たい営業かばんを注射した方の手で持つしかなく、血液が!!!とかなり焦りました^^;次からは注射していない方でかばんを持ち、その上で絆創膏を抑えて出るようにしています。

血液・ホルモン検査の結果

検査結果
  • プロラクチン:8.17(基準値:6.1~30.5)ng/mL

卵胞期

  • LH:4.41(基準値:1.8~10.2)mIU/mL
  • FSH:6.49(基準値:3.0~14.7)mIU/mL
  • エストラジオール(エストロゲン):66(25~85)pg/mL
基準値内ですね。
 
先生
yokocha
おや?
 

私が服用していたクロミッドはこの辺のホルモン異常を補う薬だったような…

クロミフェン(クロミッド)、シクロフェニル:LH、FSHの分泌促進をして卵巣を刺激します。

参照元:一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ - 不妊症Q&A:Q9.排卵誘発薬にはどんな種類がありますか?

前のクリニックでは尿検査はしたものの血液検査はしなかったのかなぁ、、うろ覚えですが、検査結果をもらった記憶はありませんでした。
血液検査の後、内診と超音波検査で子宮と卵巣を見て頂き、子宮内膜症ということもなさそうと言ってもらえました。
残るは…というか通水検査で水の通らなかった卵管の検査です。濃厚ですが、子宮卵管造影検査を予約し、その日は帰宅しました。

まとめ

基礎体温は不要かどうか?不要ではないと思います。自分も医師も排卵について確認できる有用な記録です。ただ、それだけではなく妊娠していない原因を探るために他の検査も並行して行っていくことも重要かなと感じました。

転院後、血液・ホルモン値の検査をしました。今まで疑っていた排卵障害については、問題なさそう?な検査結果でした。3ヶ月治療したけども…

子宮内膜症や卵巣の肥大も所見なく、検査を終えることができました。よかったです。

妊娠していない原因がまだ特定できていない不安はありますが、問題が見つからないことも安心にはつながりました。

何よりも先生の説明がとても分かりやすくて、リケジョの私にとっては理解した上で検査ができて治療に臨む準備ができたことがよかったです^^

残るは疑い濃厚な子宮卵管造影検査ですが、何事もないといいなと淡い気持ちをもって予約し帰宅しました。

※このブログの内容は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。